豚用飼料

生後間もない子豚を、健康で効率良く育成飼育し、市場性の高い赤肉に仕上げます。
発育ステージごとに家畜の要求する栄養量を考慮した配合設計でシリーズ化し、経済的で省力的です。
また、優れた高付加価値豚(ハーブ豚)の専用飼料も提供しています。

人工乳前期

離乳前後の子豚の発育のため、口どけの良さ?食付きの良さに重點を置いています。

給與時期
およそ生後 10~35日齢

人工乳後期

子豚期以降の発育を決める重要なステージです。最適なアミノ酸バランスと嗜好性を考慮しています。

給與時期
およそ生後 36~70日齢

子豚用飼料

最も筋肉が発達する時期です。蛋白質?アミノ酸を強化しています。

給與時期
およそ生後 71~120日齢

肉豚用飼料

筋発達と共に脂肪を蓄積する時期です。出荷までのラストスパート。
最速の発育をめざしカロリーを増給しています。

給與時期
およそ生後 121~180日齢

種豚用飼料

妊娠期は胎児の発育と母豚の體調をコントロールする時期です。授乳期は母乳の分泌が盛んになるよう設計しています。妊娠期?授乳期でそれぞれ異なる飼料を用意しています。

給與時期
妊娠期?授乳期

ミックス製品

不足しがちなビタミン?ミネラル類の給與に各種ミックスを取り揃えています。

給與時期
ビタミン?ミネラル類不足時

採卵鶏用飼料

大規模集約的飼育法と多角的試験研究から生まれた高性能の飼料です。
少ない飼料で高い産卵率を長期にわたり持続させ、経済効果を高めます。
また、サルモネラ対策プログラム、高品質卵用飼料(ハーブ卵?K2)など、
消費者が安心できる品質の高い鶏卵を生産する飼料を提供しています。

育成用飼料

順調な骨格形成?內臓の発育を促すため、最適なアミノ酸?ミネラル類のバランスを整えています。

給與時期
およそ生後 0~120日齢

産卵前期

體の成長と共に産卵を行う時期です。
蛋白質?アミノ酸を高め最高の産卵成績を目指します。

給與時期
およそ生後 121~300日齢

産卵後期

一定の卵質を維持する為、最適なカロリー?アミノ酸?カルシウムバランスになるよう調整しています。

給與時期
およそ生後 301日齢~廃用

ミックス製品

不足しがちなビタミン?ミネラル類の給與に各種ミックスを取り揃えています。

給與時期
ビタミン?ミネラル類不足時

肉用鶏用飼料

種鶏の能力を最大限に引き出す高品質な飼料を提供いたします。効率的に鶏肉を生産できるため、お客様の経営改善に役立ちます。

餌付け用飼料

飼料摂取量が最も少なく栄養要求量は最も多い時期です。
蛋白質?アミノ酸?ミネラル類を高めると同時に雛が十分に食込めるようクランブル化しています。

給與時期
およそ生後 0~10日齢

前期

體重が急速に増加する時期です。
骨格?筋発育を促すようアミノ酸?ミネラル類の栄養摂取を最高にするよう最適なバランスに配合します。

給與時期
およそ生後 11~25日齢

後期

筋発達と同時に脂肪蓄積を行い増體する時期です。
エネルギー増給の為カロリーを高めています。

給與時期
およそ生後 26~40日齢

仕上げ

出荷直前、更なる高増體を目指す設計となっています。また、出荷直前の為休薬飼料となっています。

給與時期
およそ生後 41日齢~出荷

養牛用飼料

乳牛用はバイパスアミノ酸技術を組み込んだ配合設計が、多くの酪農家にご好評いただいています。
肉牛用は豊富な知見に基づき、高品質肉牛生産の為に、お客様のニーズに合わせた最適な配合設計を提案いたします。

代用乳

蛋白質、脂肪、乳糖のバランスを熟考、高濃度の乳酸菌、酪酸菌、糖化菌を配合し健やかに発育させます。

給與時期
およそ生後 0?3ヶ月齢

子牛人工乳

離乳時のしっかりした養分供給の為、穏やかなルーメン発酵で食い込みに優れ、子牛のしっかりした発育に対応する配合割合となっています。

給與時期
およそ生後 0?5ヶ月齢

子牛育成用

今後大きく育つ為に、骨格発育に対応する為の最適な配合割合となっています。

給與時期
およそ生後 4?7ヶ月齢

肥育用前期

肥育後期に向けた第1胃発育、枝肉の作りに影響するロース芯、バラ、赤肉の最適な発育に対応する配合割合になっています。

給與時期
およそ生後 7?14ヶ月齢

肥育用後期

個體の能力を最大限に引き出し、交雑脂肪(サシ)、出荷體重を最高のポテンシャルに仕上げる為の配合設計となっています。

給與時期
およそ生後 14?30ヶ月齢

ミックス製品

肉牛、乳牛に限らず全般に渡り栄養管理をサポートする為、ビタミン?ミネラル等をバランス良く配合した商品です。
顧客先の要望に応じた設計での製造も行っています。

給與時期
ビタミン?ミネラル類不足時

搾乳用飼料

設定乳量や給與する粗飼料狀況に合わせ栄養バランスを考慮、メニュー最適化をお手伝いします。

給與時期
泌乳期と言われる搾乳期間およそ280~300日の間

乾乳用飼料

次の泌乳期に備えルーメンを調整し、太らせない栄養設計となっています。

給與時期
分娩前およそ60~90日の間
<蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链>